忍者ブログ
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペンネ・アラビアータレシピ
パスタの中でも一際、辛い・・・それがペンネ・アラビアータです。

トマトソースの甘み旨みと、オリーブオイルで香りを出した、唐辛子とがマッチしてとてもおいしいパスタです。
このパスタは特にトマトソースの辛味が強いので数あるパスタの種類でも、ペンネが合うようです。
(実際はロングパスタので作る方が好きですが、、)
ペンネは重いソース系のパスタレシピの中によく登場しますが、(例えばクリーム系やチーズソース系のパスタ)レシピ上のアラビアータ・ソースでは、唐辛子の強さがさっぱりとしているトマトソースに、強いパンチを与えるためにペンネに合うのかもしれません。ですが、、アラビアータが好きな僕としては、ペンネよりは、やはりロングパスタがお薦めですね。

ちなみにアラビアータとは、イタリア語で「怒り」という意味だそうで、まーー、、辛いもん=怒りみたいなパスタだけでなく料理にこーいったつづりを命名する所がいかにも、海外っぽくておもしろいです。

後、補足ですがこのパスタレシピで一度、ロングパスタが無くなって、、マカロニで作ったことがあるんですが
実はペンネよりいけました。
まーあくまで、好みですし、違う捕らえ方をしたら、パスタ選びには規定はないって
ことですよね。ちなみにこのマカロニ・アラビアータは冷蔵庫で冷やして、翌日スパサラ風で完食しました。

では、アラビアータのレシピ紹介します。


材料(一人前)

ニンニク微塵        2片分

唐辛子(種抜き)      3、4本

パンチェッタ        30グラム

パセリ微塵         中さじ1 

オリーブの実        4,5個

ケッパー          20グラム

玉ねぎペースト       20グラム

白ワイン          30cc

トマトソース        100cc

醤油            適量

塩             適量 


1.パスタ用のお湯を沸かします。最初でニンニク微塵をいためニンニクオイルを、玉ねぎスライスを炒め玉ねぎペーストを作っておくとレシピ通り作りやすいかと思います。


2.ニンニクオイルをフライパンに入れ、唐辛子を辛みと香りが出るよう弱火でじっくりと炒めます。


3.次にパンチェッタも唐辛子が焦げないよう、ある程度火が入った時に投入し、こちらも香りが出るよう弱火で
  炒めます。


4.次にパンチェッタに火が入ったら強火にし、そこにパセリの微塵ぎりをいれます。
  バセリから香りがしてきたら、ケッパー、オリーブの実、玉ねぎペーストをいれます。

 
5.白ワインを入れ、アルコールが飛んだらトマトソースをいれ、ここで今までの具材・出汁・トマトソースを
  よく混ぜ合わせます。


6.よく混ぜ合わさったら、バスタ用のお湯で塩加減を調整し、醤油を最後に少量たらしてできあがりです。

 
アラビアータレシピのポイントは、やはり唐辛子を極限までじっくりいためることと、焦がさないようにすることです。
 後パスタに、パセリみじんを入れることでパセリの香りが一気に広がって美味しくなるのでレシピには加えました。
 実際、通常のアラビアータのレシピよりは食材が多い気がしますが、自分で作ってみておいしい作り方、おいしい食材をここでは、紹介してみました。
パスタソースに醤油を一滴、、というのもイタリアンで言う、オリーブオイルを最後にたらす、にちなんで加えてみました。醤油もぜひお試しください。


パスタ集TOP

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
リンク
カテゴリー
アクセス解析
アクセス解析