忍者ブログ
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


納豆とキムチを使った簡単パスタです。
イタリアンとは別にどちらかと言うと中華風に味付けに仕上がっています。
好き嫌いがあるかもですが、キムチが入っている割にあっさりと食べれるパスタレシピです。
簡単にできますので是非試してみてください。


材料
パスタ(カッペリーニ)    80g
キムチ              40グラム
納豆                1/2パック
ごま油             小さじ1
醤油               少量
大葉               1枚
大根おろし(あれば)     5g
ニンニクオイル(あれば)  適量


1.パスタ用のお湯を準備します。キムチ、味をつけた納豆をボールに入れ、ごま油とあえます。
大葉は千切りにしておき、大根おろし、ニンニクオイルは事前に準備しておきましょう。


2.カッペリーニは市販の時間よりも多少長めに茹で、氷水でしめます。
1の具材とパスタを混ぜて、皿に盛り上からニンニクオイル、大葉の千切り、大根おろしを添えて完成です。


寒くなるこの時期にはちょっと相応しくない冷静パスタですが・・(汗
冷蔵庫のあり合わせの食材で感単にできるパスタレシピなので
ぜひお試しください!!


銀座のキャバクラ求人
引越しの格安センター
カギの交換、救急車
昼キャバ求人アルバイト
渋谷のデリちゃんヘルちゃんの求人

TOP
 

PR

今日はとても暖かいですね!どこかの地方では早くも春一番が吹いたそうな・・・。
そこで今回は冷静パスタレシピの紹介です。トマトとケッパーいわゆるケッカソースベースの冷静パスタレシピです。冷静パスタのカッペリーニをゆでるときのコツはやはり、いつもより長めにゆでることです。
アルデンテにするとカッペリーニを冷ましたときにパスタがより硬くしあがってしまうので、若干長めにゆでましょう。
ちょっといつものパスタレシピに飽きたらぜひお試しください。


材料
カッペリーニ     100g
完熟トマト      1個
ケッパー       中さじ1
ピクルス       4~5個
オリーブの実    5~6個
玉ねぎ(微塵切り) 中さじ1             
レモン汁       少量
粒マスタード    小さじ1      
オリーブオイル   適量
生バジル      1枚


1.パスタ用のお湯を準備します。このお湯でトマトは皮を湯むきして、横半分に切り種も取り除いておきましょう。
トマトは角切りにし、ケッパー・ピクルスは微塵にオリーブの実は半分にします。玉ねぎは微塵にしたら、水に漬けておきます。


2.カッペリーニを茹でます。ボールに1のトマト・ケッパー・ピクルス・オリーブの実そして、水気を切った玉ねぎを入れます。
レモン汁、粒マスタードもいれ混ぜ合わせます。


3.茹であがったカッペリーニを2と混ぜあわせます。ここでオリーブオイルも少量たらしましょう。塩・コショウで味を整え皿に盛りつけ、上からバジルの葉を飾れば完成です。


・粒マスタードはお好みで加えてください。僕は大好物ですので今回は加えてみました!

新宿のキャバクラ求人
イベントコンパニオン求人
サイトの売買
六本木のガールズバー求人
上野のキャバクラのアルバイト
 
パスタレシピ集TOP

冬もそろそろ本格的に到来ですね!!そんな中で冷製パスタの紹介です(笑
今回の冷製パスタはめかぶとなめこを使ったホント簡単にできるパスタレシピです。
ポイントはEXバージンオリーブオイル!!これをちょっと奮発して、香りの高いオリーブオイルをレシピで使用するとこの冷製パスタも味がグッと良くなります。そして、カッペリーニの茹で方ですが前回の冷静パスタでも紹介したようにカッペリーニは多少長めに湯でてください。パスタをアルデンテの状態で茹でてしますと、冷ました時に硬直しさらに硬くなるためちょっと長めに茹でる事もコツです。
生バジルもたっぷり入れて召し上がって見てください!!


材料
カッペリーニ               100g
めかぶ                 30g
なめこ                  30g
トマト                    1/2個
生バジル(あおじそでも可)  7~8枚
EXバージンオリーブオイル  適量(目安中さじ1)   
塩・コショウ                適量
醤油                     適量(目安こさじ2)
あお海苔                  5g


1.パスタ用のお湯をゆでます。トマトはなるべく湯むきし、皮を取り除き角切りにしておきます。


2.パスタを茹で、ボールに1のトマト・めかぶ・なめこ、ちぎった生バジルをいれ茹であがったパスタをいれて
EXバージンオリーブオイルを混ぜ合わせます。


3.醤油・塩・コショウで味つけした後、パスタを皿に盛り付け上から海苔をかけて完成です。


・トマトの湯むきは以外にやらなかったりするモンです。が、、ちょっと面倒ですしてあげると、もちろん見栄えもいいですしやはり食べやすさ、一度火を通したトマトの味、それ相応に変わりますので、ここをやるかやらないかがおいしい、冷静パスタを作れるかの境目かもしれないです。




パスタレシピ集TOP

今回も冷製パスタのレシピです。オクラとなめこ、これにとろろをかけた、冷静パスタです。
オクラに、なめこ、後とろろの組み合わせはかなり、ドロッとした食感で、見た目重そうな
イメージですが以外にすっきりと召し上がれます。とろろなどは夏バテ(少し早いですが・・)防止
にもなりますので夏の定番パスタメニューに一つ加えてみてください。
結構いけます^^

オクラとなめこパスタ

材料(1人前)

・パスタ(カッペリーニ)        100g
・オクラ                 3本
・なめこ(市販の瓶詰めのもの)   30g
・山芋                  20g
・トマト                  1/3個
・かつおだし              10~20cc
・濃口醤油               数滴
・オリーブオイル            適量
・塩                    適量


1.パスタ用のお湯を沸かします。オクラを適当な大きさに小口切りし、山芋をおろし金で
  すりとろろを作ります。同時にパスタ用のお湯で湯剥きしたトマトを角切りにして冷凍庫で
  少し凍らせておきます。


2.ボールに1となめこを入れ、次に醤油、オリーブオイル、冷ましたかつおだしで味付け
  していきます。


3.茹で上がって氷水でよく冷やしたカッペリーニを皿に盛り、上から2をかけて最後に再び
  オリーブオイルを少量たらし、最初にシャーベット状に凍らせたトマトを彩りよく盛り付けて
  完成です



・温製パスタよりは比較的簡単にできるパスタレシピです。
また、下にレタスを敷いてサラダ感覚にしたり、さくさくとした食感が欲しい場合は山芋を角切り
にしたり、千切りにするなど工夫を。すると簡単に純和風の冷製パスタの完成となります。 
ちなみに僕の食べ方は、ニンニクオイルを常備しているので、オリーブオイルの代わりにたっぷり
とかけて頂いてます。そして、少し味が物足りないときは、バルサミコ酢を少々。。
これも、両方の材料がある場合は試してみると、結構いけます^^
もちろん僕はカッペリーニのようなあまり食べごたえの無いパスタは好まないので通常の温製パスタレシピ
で使用するフェデリーニなど太目のパスタでがっつきます!!このよにオリジナルのパスタレシピも!!
冷静パスタというのは盛り付けが汚いと特に、不味く見えてしまうから不思議です。まーどんな料
理においても同じ事が言えますが・・・。冷製の料理って特にそう思います。
なので、最後のトマトは気持ちを込めておいしくなるように盛りましょう。


パスタ集TOP

夏野菜のラタトゥーユパスタレシピ

・夏野菜といえば、トマトやきゅうり、なすや玉ねぎ・・・・などですが今回のレシピではその夏野菜を使った
ラタトゥーユとパスタを絡めていただきます。
ラタトゥーユは基本的に根菜を煮込んでつくりますが、一つだけ通常と違うのが大根を使うトコです。
以外にも、ホクホク感と甘味がでておいしい隠し味になります。
また、ズッキーニの変わりにきゅうりを使って頂いてもかまいません。
簡単にできるラタトゥーユを使ったパスタレシピですので挑戦してみてください。


ラタトゥーユパスタレシピ

材料(2~3人前)


・パスタ      300g
・ニンニク     1片
・鷹のツメ     1本
・ナス       1/3本
・トマト       1個
・ズッキーニ   1/2本
・パプリカ     1個
・玉ねぎ      1/2個
・大根       1/3本
・セロリ      1/3本
・生バジル     3~4枚
・ホールトマト   1缶
・砂糖       極小さじ1
・塩、コショウ   適量
・オリーブオイル  適量
・バター      10g

1.ラタトゥーユ用の夏野菜を切ります。ニンニクはみじんに、以外の全ての野菜を1cm幅の賽の目切りにします。(賽の目が面倒な場合は食べやすい大きさで構いません)


2.パスタ用のお湯を沸かし、1.をオリーブオイルをしいたフライパンで弱火でまずはニンニク、鷹のツメを香りが出るように炒め次にトマト以外の野菜類をゆっくりと弱火で炒めていきます。(トマトはパスタ用のお湯で湯むきを!)

 
3.ある程度火が入ったら塩・コショウし、トマトも加え炒め、ホールトマト、砂糖を入れ強火でしばらく炒めた後、生バジルを 手でちぎって入れていきます。(この時にパスタを茹で始めます)


4.できた、ラタトゥーユに最後バターを入れパスタをからめて完成。


・ラタトゥーユは色々応用ができます。例えば冷やして、カッペリーニ(細めんパスタ)に変えればそのまま冷製パスタえと変わります。また半熟卵をのせてご飯にかけて、ラタトゥーユ丼なんてのも、おいしいです!
そのままラタトゥーユだけで食される場合は、野菜類を大きめの乱切りにきると食べ応えがあって上手く仕上がります。

 
パスタ集TOP



忍者ブログ [PR]
リンク
カテゴリー
アクセス解析
アクセス解析