忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の生パスタのキタッレより多少幅が広い(5mm位)ストランゴッティーを紹介します。
といってもキタッレは卵入り、ストランゴッティーは卵なし、後は暑さ、、パスタの違いはこんなとこです。
多少、きし麺みたく出来ると思いますが、こちらもトマトソースをかけて召し上がって見てください。
どちらもイタリアンレストランで出される、セモリナ粉使用の生パスタとまではいきませんが、とてもおいしくいただけるのでおすすめです。
ラビオリ(詰め物パスタ)、ストラッチstracci(薄い生地を好みの大きさに切り分けたパスタ)などはパスタマシーンが必要であったり材料をそろえたりするのに手間がかかるし、簡単に生パスタ作りを始めるにはちょっと難儀しますので。



材料(3~4人前)
・強力粉    300グラム
・ぬるま湯   100~120cc
・打ち粉    適量 


1.ボールに強力粉を入れ、ぬるま湯を少しずつ入れていきます。(粉の真中をちょっとへこませてそこから
湯をいれていくと上手くまとまります)
 

2.生地が一まとまりになったら、台の上で手のひらを使い十分に練っていきます。


3.滑らかな生地に仕上がったら丸めて、表面にオリーブオイルをぬりラップをして、1~2時間くらい常温で
休ませます。


4.休ませたら生地を麺棒で打ち粉を使いながら薄く延ばしていき(手打ちうどんみたいな感じで)ます。


5.薄く延ばしたパスタ生地を真中から重ねていき、5mm程度の厚さのに切り分けていきます。


6.切り分けた生地(パスタ状になった)をほぐし乾燥させる。


・工程で大切なのは、生地をやすませることと、切り分けたパスタは、しっかり乾燥させる事です。
乾燥させずに調理されてもいいですが、そうするとパスタがのびやすくなってしまいます。
後、基本的に生パスタの茹時間は3~4分。すぐに茹で上がるのでソースを作るときには注意してください。


パスタ集TOP



PR

生パスタレシピを紹介します。生パスタというとイタリアン店ではセモリナ粉を使った手打ち麺や、パスタマシーンを使った作り方が有名です。
今回紹介する生パスタはセモリナ粉は使わない、強力粉のみを使った手作り生パスタの作り方を紹介します。
これまで紹介してきたパスタのレシピ中では市販の乾燥パスタが主でしたが、そろそろ乾燥パスタには飽ききたな、、って頃にぜひ挑戦してみてください。
生パスタとしては一番簡単なストランゴッティーや、オレキエッテなんかの作り方を載せたいところですが、まずは通常のキタッレという厚さ3㎜程度の生パスタの作り方をのせます。


材料(4~5人前)


・強力粉   300g
・卵     3~4個
・ぬるま湯  40cc程度
・打ち粉   適量


1.ボールに強力粉、卵をいれて混ぜ合わせながら一まとまりになるまでこねる


2.パスタ生地がまとまったら麺棒で2mm程度の厚さになるように打ち粉をしながら薄くのばしていく


3.伸ばした生地を2~3段に重ねて、厚さ3㎜程度の厚さに切っていく


4.切り出したパスタ生地をある程度乾燥させ、完成

 

・この生パスタは、作り方としてはおそらくイタリアンレストランなどでは、パスタマシーンを使って上手く
空気を抜きながら作っていくパスタです。パスタマシーンが自宅にあればぜひそちらを使っていただきたいです。
さらに滑らかでしっかりとした、生パスタに仕上がるはずです!
今回は麺棒でも十分に美味しいパスタが出来たので、この作り方をのせました。パスタマシーンを使ったほうと比べると見た目はやや不恰好になりますが、味はとても美味しいので生パスタ入門辺に使ってみて下さい。
食べ方は、まずはこの生麺にトマトソースのみを絡めて召し上がって見てください。


パスタレシピTOP




忍者ブログ [PR]
リンク
カテゴリー
アクセス解析
アクセス解析