忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パスタに欠かす事の出来ないトマトソース。このレシピを知るだけでかなり、料理の幅が広がることと思います。
また、パスタだけではなく、その他のイタリアン料理にも、肉料理、魚料理、グラタン、ラザニア・・・など
たくさんの料理レシピで役に立ちます。
どちらかといえば、パスタ作りに使うためのトマト水煮(ホールとまと)は、イタリアントマトを使っているものが多いです。
イタリアントマトは、果肉がしっかりしていて、酸味が強く、皮が厚いため、加熱処理する調理にはとてもむいています。
パスタレシピにしっかりとむいているトマトソースが出来るわけです。
このレシピ通りに一度つくってみて、さらに試行錯誤し、自分自身のオリジナルトマトソースレシピに仕上げていただいたら
とてもうれしいです。そしたら、パスタを作る楽しみが、また一つ増えると思います。



トマトソースレシピ


材料
・玉ねぎ           2個
・ニンニク          2片
・セロリ           1/2本
・オリーブオイル       大さじ3
・トマト水煮(ホールトマト) 2缶(一缶400CC)
・ローリエ          1枚
・パセリの茎(あれば)    1本
・塩             適量
・砂糖            一つまみ


1:ニンニクは丸ごとつぶして、オリーブオイルを鍋にしき、弱火で炒める。(炒めるというより煮る感覚)


2:炒めている間、玉ねぎ、セロリをみじん切りにする。


3:ホールトマトをした処理する。トマトの中のすじを取り、種を取り除き、濾す(濾す時は家庭用のザルで代用できます)


4:ニンニクに火が入り、油に香りが移ったところで、玉ねぎを炒める。多少、火が入ったところで、セロリ
を炒める。この時も、弱火でじっくりと炒める。


5:玉ねぎがあめ色になったところで、ホールトマトを加える。この時、ホールトマトは、手でつぶしながら加える。
  

6:塩を入れ、強火にして一度、煮立たせる。煮立ったところで、弱火にし、ローリエ、パセリの茎、砂糖を加え
  一時間ほど煮る。


7:出来上がったソーストマトをそのまま冷ます。

 


最初のニンニクを炒める工程では、少し鍋を傾け、ニンニクが油につかるような感じで炒めるといいです。
ホールトマトの処理は多少面倒ですが、しっかり処理することで美味しく出来上がるので試してみて下さい。 
おいしくパスタを作るための、おいしいトマトソースのためのコツです。
工程6では、一度強火でトマトソース煮たさいにあくが出ますが、最初の表面の、あくのみ取ったら、後のあくは、すくわないようにしましょう。
このレシピでは多少、多めにできるのでこの、半分の分量でも出来ます。ただし、塩や砂糖の加減には気をつけて!
また、このトマトソースはひと月は、冷蔵保管できるので、レシピ通り多めに作っておいても構わないと思います。
カレーみたいに、寝かせることで、さらに味わいの深いトマトソースになりますから。


また、僕は家庭でトマトソースを使った料理をする時には
トマトソースの中に、こさじ1程度。。


醤油


を垂らします。料理によっては増やしますが、結構いけます。
日本人の舌に合うんでしょうか・・・もし興味があったら試してみて(^^)



パスタ集TOP

PR


忍者ブログ [PR]
リンク
カテゴリー
アクセス解析
アクセス解析