忍者ブログ
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カルボナーラ・・なかなか上手く出来ないとききます。レシピ自体はとてもシンプルで使う食材も簡単な物です
がこれがなかなか、カルボナーラノソースを作るときに、失敗するようです。卵がダマになったり、卵黄と、生ク
リームの割合が、多少おかしいくて、なかなか美味しくできないようですね。
カルボナーラの作り方には、コツがいくつかありますし、また、人それぞれにポイントも違うようでおもしろいで
す。
僕がカルボナーラを作る時に注意するのはやはり、ソースを入れたときのフライパンの火加減です。
でゆーか、ソースはフライパンで混ぜ合わせるのではなく、卵のぼそぼそになるのが、気になるのであればボールなどあらかじめ別に作っておけば、これは解消されえます。
そして、カルボナーラノ味の一番の決め手となるのがやはり、レシピ中の卵・生クリームの分量だと思います。
後、黒コショウ。できれば、粗挽き、挽き立てを使いたいすね。
ここで、載せたレシピはあくまで目安ですので、卵黄のドロッとしたのがお好みであれば、卵黄を追加したり、
甘味をもっと強くしたいのであれば、玉ねぎのペーストを増やしたり、、とお好みで分量をかえてみてください。
ちなみに、レシピ中の生クリームの量は極力増やさないほうが、無難です。正直増やすと、まずいっす。(好み
ですが・・・)
では、いきます。

材料(一人前)

・パスタ    100g
・卵黄     1個 
・生クリーム  50cc
・パンチェッタ 20g
・玉ねぎペースト15g
・粉チーズ   10g
・バター    5g
・黒コショウ  適量
・醤油     適量

1.パスタ用のお湯を塩をたっぷり入れ沸かします。玉ねぎスライスをフライパンでじっくり炒め玉ねぎペースト
 を作っておきます。

2.ボールに卵黄と生クリーム、粉チーズをあらかじめ混ぜて準備しておきます。フライパンでパンチェッタをよく香りがで
 るように、弱火でカリカリに炒めます。炒まったら、玉ねぎもいれます。

3.2.のパンチェッタにボールの卵黄・生クリームを入れここで一度火をとめて混ぜ合わせます。同じくパスタ
 の茹で汁で、塩加減を調節し再び混ぜ合わせ、しっかり乳化させます。

4.茹であがったパスタを3.に入れバター・黒コショウを入れた後、最後に、醤油を少しだけ回しいれ完成です


カルボナーラは、レシピがシンプルなだけに、作り方も多種多様です。例えば、僕の場合は、生クリームなんてほとんど常備していないので、代わりに牛乳使います。てか、カルボナーラ以外の色んなレシピの中で生クリームが決定的な味を占めないレシピ以外は、ほぼ牛乳使ってます。
そのかわりにですね、バターとチーズには多少こだわりがあり、良いもの揃えてますので、牛乳で出ないクリーミィさや、まろやかさ、コクなんかは、バターとチーズで補ってます。
今回のカルボナーラのレシピに関しても、ぺコリーノチーズや、また、ブルーチーズなんか加えてもおいしくできますし、生クリームや、牛乳がしつこい方は、それらを加えず、卵黄のみで作るといいんです。
カルボナーラに、ぺコリーノはスゲー合いますよ!!
代わりに僕は、水分がなくなる為に、白ワインや、ブイヨンなんかで代用します。(なんかカルボナーラの元祖
ってそーらしーですね)
また、醤油・・・げっ!!って思われるかもしれませんが・・だまされたと思って最後にふりかけてみてください
ね。僕のカルボナーラは、挽き立て黒コショウそして、醤油が、ポイントです。
また、カルボナーラは、2人前位ならいいんですが、それ以上一気に作ろうとすると失敗される方が多いようです。多くなると、それだけで火加減・味の加減が難しいくなりますので、極力少なめに作るようにし、慣れてきたら挑戦しましょう。



パスタ集TOP

 

 


 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
リンク
カテゴリー
アクセス解析
アクセス解析