忍者ブログ
[47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

定番チーズリゾットを紹介します。チーズリゾットにはパルミジャーノ・レッジャーノを使ったシンプルなリゾットから玉ねぎやベーコンを加えたリゾットレシピ、また、アスパラやインゲンといった彩りの良い野菜を使ったリゾットレシピがありますが、僕は臭い癖の強いチーズを数種類のみ、手作りのブイヨンで仕上げに挽き立ての黒粒コショウで、食べるのが好きです。

今回のリゾットレシピでは後者の僕流のチーズリゾットを紹介します。レシピで使うチーズはおよそ3種類。
ゴルゴンゾーラやスティルトン(イギリス)・リコッタ・ブリーチーズや、ゴーダチーズなど、僕は青カビ・白カビ系のチーズを2種類混ぜ仕上げに摩り下ろしのパルメザンチーズをリゾットにかけていただきました。
実は今回摩り下ろしたてのパルメザンチーズを料理にかけて食べたのは初めてだったのですが、やはり風味が違いました。
味の違いはよくわかりませんでしたが、、、ブワッと風味と香りがやはりちがってチーズ好きな僕にはたまりませんでした!!
チーズを前菜にワインで頂いた後に余ったチーズをこのリゾットレシピに使われてもいいかもしれないです。
〆にちょうど良いリゾットレシピだと思います。


材料(2人前)
米   150g

ゴルゴンゾーラ
ブリーチーズ(白カビ)
パルメザンチーズ
・3種類各お好みで適量を。基本30g程度で十分です。

バター              20g

ブイヨン(市販でも可)      800cc~1L位
黒粒コショウ          適量


1.最初に、ブイヨンを準備しておきます。バター鍋に入れ米を軽く炒め米がヒタヒタに隠れる位にブイヨンを注ぎいれます。


2.水分が少なくなってきたら再びブイヨンを注ぎいれ3~4回に分けブイヨンをいれて米に火を入れていきます。


3.最後のブイヨン投入時に、チーズを入れ溶かしながら混ぜ合わせていき米の芯が軽く残る程度に火を入れます。

 
4.皿に盛り、上からパルメザンチーズ、黒粒コショウをかけ完成です


・簡単にできるリゾットです。ただ、やはりブイヨンですが、市販品のもので作るよりは手作りのブイヨンで作ることをオススメします。
このリゾットレシピで多少難しいのが、3の最後の米の火の入り加減だと思います。最初はブイヨンを少なめに入れ、最後に上手く調節しながら入れていきましょう。塩は基本的にチーズについているので加えていません。
隠し味として僕はいつも、醤油を数滴いれます。これで、味が締まります。。この辺はやはり日本人だと思いますが・・。



パスタレシピ集TOP

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
フレッシュハーブローストチキンだしでリゾット風☆
セコセコの私、おいしいものは骨までしゃぶるべく カヤバッチョのローストチキンの骨で だし取りました それを使って10月22日の晩ご飯はリゾット風。 作り方 食べ残しの骨に皮付き生姜・長ねぎの青い部分・ セロリの上のほうを入れてコトコト。 骨等を取...
WEBLINK[URL] 【2008/10/25 10:35】


忍者ブログ [PR]
リンク
カテゴリー
アクセス解析
アクセス解析